上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.12 ルーツ
20070519022152.jpg
20070519022203.jpg
20070519022233.jpg


たとえ過去の出来事
ワタシに出会う以前のHulaであっても
たくさんの写真の中から探すのはいともたやすいこと。。。



誰に確認したわけでもありませんが
一番左の茶色がHulaです。


そして後ろのパピヨン。
きっと 馬肉をHulaにくださった方の側で
幸せに暮らしているコ。


だから 彼女は親戚。


うんこにまみれ
うんにょろさえも食事と判断し


それでも助けに来てくれた人達に精一杯の愛想を振りまいている姿です。



この写真を
ココに載せる事はず?っと迷いました。


でも
これが現実です。

この崩壊した繁殖所に残された子はいませんが
まだまだ家族を募集している子はいます。


新しい子達が次々と保護される中で
まだ終わっていないのです。



犬だから もう忘れてしまっていると思いますか?


Hulaは素直で天真爛漫。
でも
未だにこの過去の苦しみと戦っています。



時々
ボランティアってすごいね?とかいわれますが
私たちに出来ることなんて微力です。

一番大切なのは
この現実を知っていただくこと。


もし
あなたが新しい家族を迎えようと思うのならば
カレラ・カノジョらに目を向けてくだっさいませんか?

身近な人が 新しい家族を と言う話をしたのならば
新しい家族を待っている子がいると言うことを伝えていただけませんか?


それが一番大きな力なのです!


成犬でも愛情を注げば懐きます。
躾だってちゃんと入ります。
(私の経験で言えば子犬より絶対に楽です。)


一見地味で効果がないように思える

ワンコを預かったりすることより
大したことのないように思える


知っていただくこと



それが一番重要です。


もうすぐHulaのお誕生日。


この世に生を受け
こうして生き抜いてくれた事に感謝をしています。


Hulaへの 本当の贈り物は
全ての命が救われる事なのかもしれません。


どうか。
あなたの愛犬を産んでくれた繁殖犬のために
この現実を伝えてください。


それが
きっと
Hulaが
ご馳走の次に

いいえ。
心優しいHulaならば
一番に望むことでしょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leichama.blog120.fc2.com/tb.php/682-ee7bfede
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。